健康増進事業にてオフィスヨガ -関東信越税理士国民健康保険組合-の様子

関東信越税理士国民健康保険組合の組合員の皆様の健康増進事業でオフィスヨガのオファーがあり開催してきました。

今回は2回目のヨガセミナー、1回目はヨガマットに座りしっかりとしたヨガでしたので、ヨガという言葉に堅苦しい動きをイメージしたそうですが、椅子に座っていても誰でもできる動きで、ご自身のカラダの現実を知り、嘆きの声もありましたが一生懸命動いてくださいました。
ありがとうございました!

【2025年問題】

日本は今後、2025年頃までに団塊の世代が後期高齢者(75歳以上)に達する事により、介護・医療費などの社会保障費の急増が懸念されている問題です。人口の約3人に1人が高齢者(65歳以上)、約5人に1人が後期高齢者(75歳以上)になると言われています。
また日本は、平均寿命世界一を更新していますが、健康寿命となると残念ながら世界一ではありません。「健康寿命とは、日常的・継続的な医療・介護に依存しないで、自分の心身で生命維持し、自立した生活ができる生存期間のこと(Wikipedia)。」平均寿命健康寿命との差は、男性では平均約9年、女性では13年間は、誰かの手を借りて生活しているのが現状です。
健康寿命を延ばすための体づくりに大切な要素は、「栄養のある食事・良質な睡眠・適度な運動」と私は考えます。私が26年間伝え続けているヨガは、「良質な睡眠と適度な運動」にとても適しています。
日頃から、私のヨガに通い続けている方の中には、毎日のパソコン作業による眼の疲れで、肩や首が凝る、腰痛や頭痛など、それぞれの慢性的な症状が続いていると相談を受けることが多数あります。そのような方でも、通い続けているうちに肩凝りや腰痛、頭痛がいつの間にか無くなった事例はたくさんあります。

「優しそうなポーズもやってみると意外にキツイ!」

職業がら毎日パソコン相手に何時間も座っているのが普通、そして五十肩で腕が上がらず、腰痛は長年のお付き合い、なんて方も多いようです。

座り姿勢も意識すると腰痛の軽減や仕事の効率も良くなることでしょう!

【1時間に1回すること】

★席を立つ
★お茶を入れに歩く
★トイレに行く
★ストレッチをする

ずーっと座ったままだから足が冷たいのです!
歩いて血液循環を良くしましょう!
自分の健康自分で守りましょう!

【参加者様の声】

○前回から今日まで随分時間が空いたけど毎年やって欲しい。(←私は毎年でもOKです。担当者様にお願いしてください。)

○ヨガと聞いて身構えたけど、分かりやすく動きやすかった。

○毎日の運動のポイントがわかったのでやってみます。

○自分の体がこんなに動かないのかとショックだった。けど動くと気持ち良かった。

○キツイ事もあったけど、終わった後はスッキリとした。

珈琲ごちそうさまでした♪
ホッと一息つけました♡

 

出張ヨガのお問合

[contact-form-7 404 "Not Found"]

※通常、一両日中に返信いたします。
返信がない場合は、迷惑メールに振り分けられていないかご確認ください。
迷惑メールに振り分けられていた場合は、お手数でも、「迷惑メールから除外する」設定を行なってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です