【延期】「study & yoga」理学療法士と学ぶ膝痛 募集中‼

【新型コロナウイルス感染拡大防止】の為、
騒動が落ち着くまで延期することになりました。
楽しみにしてくださっている皆様、大変申し訳ありません。
開催日が決定した折には、またお知らせ致します。
ご理解のほどよろしくお願い致します。

 

今年も人気の【study & yoga】開催します!!

 

ヨガクラスに毎週通う生徒さんには
ほとんどいませんが…
「なんだか膝が変、重い、痛くて辛い…」
という方が増えてきました。
「特に何もしていないし、
ウォーキングもしているけど…」
健康維持のウォーキングをしているはずが、
それが原因で膝を痛める方も多いようです。

また、膝痛は男性に比べ女性に多く、
女性は特に40歳ごろから閉経を迎えるころになると、
女性ホルモンが減り始め筋肉量が徐々に減少し、
筋力や身体能力の低下が原因になりこともあります。
また体重の増加も原因に。
だからと言って安静にして、膝をあまり使わないと
膝関節の柔軟性が失われ、
運動不足によって起こる膝の痛みが原因で、
膝関節の新陳代謝が鈍化し、
膝関節が硬くなっていくようです。

今回も、普段は病院で
訪問リハビリテーションを提供している
理学療法士の田中めぐみ先生を迎えて
膝痛についての座学とヨガをコラボを開催します!
実際に那須塩原市のリハビリテーションの現場で
活躍する田中さんの生の声をぜひお聞きください。

 セミナースケジュール

 

◎日時    2020411() 10:0012:30
10:00~ 座学 「膝を守ろう」
11:10~ ヨガ  膝痛予防ヨガ
12:10~ 質疑応答
*  *  *
14:40~ 講師と交流食事会(希望者のみ)会場は後ほど
お食事代1,650円くらい

◎会場     AS栃木サッカーグランド・スタジオ
◎参加費  3,900(資料付き)
持ち物 筆記用具、ヨガマット、水分、羽織もの
ヨガマットが無い方は、無料マットがありますので予約の際に必ず申し出てください。

講師プロフィール

*田中めぐみ*
理学療法士6年目。2年目で経験した心身の不調から自分と向き合うことや、ありのままでいることの大切さに気がつき、実践しながら日々訪問リハビリに従事している。
*荻原とみ江*
ヨガ講師28年目。ホリナータ・ヨーガアシュラムにて「シャンティ・ヨーギ」「カーヤ・ヨーギ」資格取得。 ハタ・ヨガ、骨盤底筋トレーニングヨガ、ママヨガ、ランチヨガ、アーシングヨガなど、那須塩原市近郊にて活動している。

おススメしたい方

・最近膝がなんだか気になる!
・膝が重いような気がする!
・運動はしているんだけど膝が痛い!
・健康に興味がある!
・ヨガにチャレンジしてみたい!

・自己意識の高い方!

上記のような方に参加していただきたいです!
男女問わずお待ちしています!

 

公式LINE始めました
T’s yogaの最新スケジュールが配信されます
興味がありましたらこちら↓↓ご登録お願いします。
こちらからのお問い合わせがスムーズです。

友だち追加

 

↓のご予約フォームからもどうぞ
■ご予約・お問合せ
*通常、一両日中に返信しております。
返信がない場合は、迷惑メールに振り分けられている可能性もありますご確認ください。迷惑メールに振り分けられていた場合は、お手数でも、「迷惑メールから除外する」設定を行なってください。
また、受信制限をされている場合には電話で連絡をする場合がありますのでご了承ください。

     

     

    健康増進事業にてオフィスヨガ -関東信越税理士国民健康保険組合-の様子

    関東信越税理士国民健康保険組合の組合員の皆様の健康増進事業でオフィスヨガのオファーがあり開催してきました。

    今回は2回目のヨガセミナー、1回目はヨガマットに座りしっかりとしたヨガでしたので、ヨガという言葉に堅苦しい動きをイメージしたそうですが、椅子に座っていても誰でもできる動きで、ご自身のカラダの現実を知り、嘆きの声もありましたが一生懸命動いてくださいました。
    ありがとうございました!

    【2025年問題】

    日本は今後、2025年頃までに団塊の世代が後期高齢者(75歳以上)に達する事により、介護・医療費などの社会保障費の急増が懸念されている問題です。人口の約3人に1人が高齢者(65歳以上)、約5人に1人が後期高齢者(75歳以上)になると言われています。
    また日本は、平均寿命世界一を更新していますが、健康寿命となると残念ながら世界一ではありません。「健康寿命とは、日常的・継続的な医療・介護に依存しないで、自分の心身で生命維持し、自立した生活ができる生存期間のこと(Wikipedia)。」平均寿命健康寿命との差は、男性では平均約9年、女性では13年間は、誰かの手を借りて生活しているのが現状です。
    健康寿命を延ばすための体づくりに大切な要素は、「栄養のある食事・良質な睡眠・適度な運動」と私は考えます。私が26年間伝え続けているヨガは、「良質な睡眠と適度な運動」にとても適しています。
    日頃から、私のヨガに通い続けている方の中には、毎日のパソコン作業による眼の疲れで、肩や首が凝る、腰痛や頭痛など、それぞれの慢性的な症状が続いていると相談を受けることが多数あります。そのような方でも、通い続けているうちに肩凝りや腰痛、頭痛がいつの間にか無くなった事例はたくさんあります。

    「優しそうなポーズもやってみると意外にキツイ!」

    職業がら毎日パソコン相手に何時間も座っているのが普通、そして五十肩で腕が上がらず、腰痛は長年のお付き合い、なんて方も多いようです。

    座り姿勢も意識すると腰痛の軽減や仕事の効率も良くなることでしょう!

    【1時間に1回すること】

    ★席を立つ
    ★お茶を入れに歩く
    ★トイレに行く
    ★ストレッチをする

    ずーっと座ったままだから足が冷たいのです!
    歩いて血液循環を良くしましょう!
    自分の健康自分で守りましょう!

    【参加者様の声】

    ○前回から今日まで随分時間が空いたけど毎年やって欲しい。(←私は毎年でもOKです。担当者様にお願いしてください。)

    ○ヨガと聞いて身構えたけど、分かりやすく動きやすかった。

    ○毎日の運動のポイントがわかったのでやってみます。

    ○自分の体がこんなに動かないのかとショックだった。けど動くと気持ち良かった。

    ○キツイ事もあったけど、終わった後はスッキリとした。

    珈琲ごちそうさまでした♪
    ホッと一息つけました♡

     

    出張ヨガのお問合

    [contact-form-7 404 "Not Found"]

    ※通常、一両日中に返信いたします。
    返信がない場合は、迷惑メールに振り分けられていないかご確認ください。
    迷惑メールに振り分けられていた場合は、お手数でも、「迷惑メールから除外する」設定を行なってください。